【2~3歳児】初めての自転車選び!我が家が出した結論は○○○!

子育て
スポンサーリンク

こんにちは!3児のパパ、ゆきちと申します!
1歳、3歳、4歳の3人の子どもがいる我が家ですので、自転車などのお金のかかる買い物は慎重に選ばざるを得ません!

ゆきち
ゆきち

なるべく、長く使えて安全なものを選びたいですよね!

そこで、我が家が出した結論はズバリ!

へんしんバイクです!

このバイクはなかなか有名なので、知っている方もいると思いますが、
ペダルが無い「バランスバイク」からペダルを後付けして「軽量スポーツバイク」
へんしんすることができます!

※へんしんバイク公式サイトより 参照 へんしんバイク2公式サイト|10年目の最新モデル (henshinbike.com)
ゆきち
ゆきち

今日は、へんしんバイクを実際に使ってみての

メリット、デメリットをレビューしていこうと思います。

娘ちゃん
娘ちゃん

わたしは、4日で自転車に乗れるようになったよ~♪

この記事でわかること

・へんしんバイクを実際に使ってみたレビュー
・なぜ、バランスバイク(ペダルなし幼児用自転車)がいいのか。
・へんしんバイクのメリット、デメリット

スポンサーリンク

へんしんバイク実際に使ってみたレビュー

我が家が、子供用自転車を購入するきっかけとなったのが、
娘が3歳になったからです。

※フリー画像 私の幼少期の写真ではありません

私が子供の時は小学生1年生の時にの父親に練習を手伝ってもらって自転車に乗れるようになりました。最初は、補助輪付きで自転車でペダルをこぐ練習。
その後に、補助輪を外して自転車に乗るわけですが、バランスが全然取れずに何度もコケました。

ゆきちの父親
ゆきちの父親

自転車はコロんで覚えるんだよ!

なんて、言われながら何度もコロんだ記憶があります(^-^;

ゆきち
ゆきち

しかし!私の4歳の娘は、
4日間、1日30分程度練習しただけ
スイスイ自転車に乗れるようになりました!

すぐに乗れて嬉しそうな娘を見るのも良かったですが何より
自転車の練習に付き合うのがそんなに大変じゃなかった
っていうのがありがたいですね(笑)

では、実際にどんな感じだったのか紹介します!

購入時期「家計に優しい!」

購入したのは、娘が3歳の誕生日でした!
自転車の上達が早いと噂のバランスバイクを購入しようと検討していたところ
・バランスバイク
・幼児用軽量バイク(ペダル付き)
2つの機能を持ったへんしんバイクが長く使えて家計に優しいと思い購入しました!

3歳~4歳はバランスバイクモード「重さはメリット!?」

3歳から4歳の間は、バランスバイクモード(ペダルなし)の状態で遊ばせました。
私が購入したものは、「へんしんバイクs」といったものです。
この「へんしんバイクs」はバランスバイク内で一番の売り上げを誇る「ストライダー」
よりも重いんです。

へんしんバイクとストライダー 重さ比較

・へんしんバイクs → 5.3kg
・ストライダー   → 3.0kg

子どもの小さな体からすると、2.3kgの重さの違いは大きいですよね!

最初、娘はこの重さに楽しみながら四苦八苦していました。

ゆきち
ゆきち

しかし!この重さが良かったんです!

へんしんバイクの公式HPにも説明されてますが、
当然、ペダル付きの通常の自転車はパーツが増える分、重くなります。

バランスバイクの時点で、ある程度の重さに慣れて遊べていると、
いざ、ペダルを付けた場合でも重さに負けることなくバランスを保つことができます。

※へんしんバイクs公式HPより参照

2歳半からの子供用自転車 -「へんしんバイクS」公式 – 目指せ3歳で自転車デビュー (flip-bike.jp)

4歳6ヶ月ペダル取付け「ペダル付けるのが大変!でも大丈夫!」

娘も4歳になり幼稚園に通いだすとお友達ができてきて、お友達と幼稚園外でも
遊んだりします。
ある日、お友達が上手に自転車に乗っている姿を見た娘は劣等感を感じたらしく、
その夜、私にペダル付き自転車をねだってきました。

ゆきち
ゆきち

普段おねだりしない娘だったので
そうとう、悔しかったんでしょうね(笑)

そこで、いつも使っているへんしんバイク(バランスバイクモード)に
ペダルを付けてあげることにしました!

取り付け前の写真↑

hennsinbike

ペダル取り付け後の写真↑

ペダル取付けにかかった時間は30分程度でしたが、チェーン取付けが手こずりました(^-^;

ゆきち
ゆきち

ペダル取り付けは、普段から仕事で
工具をいじっている私でも大変でした!

※公式説明書でも、自転車専門店などで取り付けをしてもらうことを推奨しています!

「自分でペダル取り付けたり、自転車専門店に持っていったり大変そう」
と思ったそこのあなた!

大丈夫です!
簡単に取り付けられる新商品が発売されています!

その名も「へんしんバイク2」です!!

この新商品「へんしんバイク2」は、私が購入したへんしんバイクsを
改良したものです。

※へんしんバイク2公式HPより参照

へんしんバイク2公式サイト|10年目の最新モデル (henshinbike.com)

ゆきち
ゆきち

このへんしんバイク2は、
2歳、3歳児向けのへんしんバイクで
以前のモデルへんしんバイクsより軽量でペダル取付が簡単にできます!

ペダル取付け後4日で自転車乗れるように!

話は戻りますが、へんしんバイクsにやっとの思いでペダルを取付け
さっそく公園へ自転車の練習に来ました。

幼児用バイクでの公道での使用は控えましょう!

・幼児用バイク(ストライダーやへんしんバイクなど)で万が一
 事故等を起こした場合、自転車保険に入っていたとしても
 通常の自転車として認められず、保険適用されない場合があります。
・へんしんバイク(ペダル設置時)には、ブレーキ機能、反射板、が付いており
 通常の自転車と同様の部品が装備されていますが、
 自転車を使用する年代が低いと想定されるサイズの為、これらの装備があった
 としても保険適用されない場合があるようです。
 詳細は加入保険会社へ事前に確認しておきましょう!

練習1日目
最初はペダルをスムーズに回すことができなく、
自転車のスピードが出ず、うまく乗れていませんでした。
そこで、最初は私が支えながらペダルを回す練習を30分程度行いました。
なんとか、ペダルを回せるようになってきました。

練習2日目
次は、スピード感に慣れてもらうために
私が自転車を押してスピードを出してあげました。
その間も、娘はペダルを一生懸命回していました。
たまに、気づかないように手を放しても、バランスを崩さず乗れていました。

ゆきち
ゆきち

手を離したことに気づかれて娘に怒られてしまうこともありましたが…(笑)

練習3日目
最初の乗り出しがバランスが取れない為、最初だけ押してあげて
あとは、一人で乗れるようになってきました。
カーブなどでスピードが落ちると止まってしまいますが。

ゆきち
ゆきち

この日、公園に娘と同じ年の女の子が
自転車を上手に乗りこなしており娘に自慢していたので、
私の娘が悔しがりさらに練習に熱が入った様子でした(^-^;

練習4日目
最初は、私が押してあげて、後は一人で乗れるを繰り返していくと
乗り出しも、足で地面を蹴ったり、ペダルを強く踏み込めば
初速が出るとわかってきたようです。
娘一人で練習させて、私は応援だけしていたら
ついに乗れるようになりました!!感動(T_T)

へんしんバイクの種類別 特徴まとめ

いかがだったでしょうか?
初めての自転車選びは、へんしんバイクがおススメという事でしたが、
最後にへんしんバイクの性能をまとめておきます。
色々、種類があり公式HPでもわかりづらいと思いましたので、こちらをご覧ください。

へんしんバイクs

・対象年齢:2~3歳
・重量:5.3kg(ペダルなし) 7.1kg(ペダルあり)
・タイヤサイズ:10インチ
・価格:17,270円(税込み)※2021年1月現在

※へんしんバイクs公式HPより参照
へんしんバイク2

・対象年齢:2~3歳
・重量:4.5kg(ペダルなし) 6.6kg(ペダルあり) 
 ※へんしんバイクsより軽い!
・タイヤサイズ:12インチ 
 ※へんしんバイクsよりタイヤサイズが大きいためペダルをこぐのが楽!
・価格:22,000円(税込み)※2021年1月現在
・ペダルの付け外しが家でも簡単にできる構造!
 ※へんしんバイク2のみ!!

※へんしんバイク2公式HPより参照
へんしんバイクX14、16(2サイズ)

・対象年齢:4~7歳
・重量:「14」6.3kg(ペダルなし) 8.0kg(ペダルあり)
    「16」6.6kg(ペダルなし) 8.6kg(ペダルあり) 
・タイヤサイズ:「14」14インチ
        「16」16インチ 
・価格:「14」22,000円(税込み)※2021年1月現在
    「16」24、200円(税込み)※2021年1月現在

※へんしんバイクX公式HPより参照

子どもにあったサイズのへんしんバイクを検索する方法は、
公式HPの
はじめての自転車は、サイズ選びが大切!│自転車サイズの選び方byへんしんバイク (hobbybike.jp)
を参照ください!

おわりに

今回は、へんしんバイクを紹介させていただきました!
自分が思ったよりも早く娘が自転車に乗れるようになったので感動しました!
娘から、ペダル付きの自転車が欲しい!と言われて
わざわざ、新しい自転車を購入しなくてもペダルをすぐにつけてあげれるのは
便利ですね!

このブログでは、「家計」に「子育て」に一切妥協しない
「倹約しながらも満足度の高い生活を」がモットーのゆきちパパがお送りしました!

他、記事も興味がありましたら覗いてみてください!
お疲れさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました