【2021年版】急な停電に備えておきたい5つのアイテム

停電 家庭トラブル
スポンサーリンク
ゆきち
ゆきち

停電原因の調査や電気の復旧作業を日頃している

「ゆきち」が紹介します!

今回は、停電して困っている人たちに是非備えておいて欲しいアイテムを5つ紹介します(^^♪
停電は誰にでも起こりえる状況です。
万が一にの時に備えていない人は、不安でいっぱいになります。
この記事を参考に、停電対策を是非実施してみてください!

停電にはいろいろな原因があり誰にでも起こりえます!

主な停電原因として、台風や雷などの災害、一度に電気の使い過ぎによるブレーカー動作などが思い浮かぶと思いますが、停電原因となるのはそれだけではありません。
電柱の一番上にある高圧電線が何らかの影響で損傷すると、広範囲停電となりますので、

・少し離れた場所での建物火災
・風が強い日
・雪の日
・鳥の巣作りによる電線損傷
・樹木の枝による電線損傷

以上の原因は一部ですが、これらの原因で広範囲かつ長期停電になる可能性はあります。

ゆきち
ゆきち

もちろん、停電が起きないように電力会社は日々電線のメンテナンスを行っているのですが、外にあるすべての電線を毎日点検するわけではないので、停電は起きてしまいます。

誰でも、停電の備えは必要という事ですね!

スポンサーリンク

停電時にできなくなること!

停電対策を紹介する前に、停電時にできなくなることをまとめてみました。
実際に停電になった時をイメージしてみてください!

照明

照明が使えなくなるので、夜間ではとても危険な状態になります。
実際に暗闇で移動や作業したことによるケガは多く、精神的にも不安になりやすくなります。

TV、インターネット、固定電話

テレビ、インターネット(家のwi-fi)、固定電話が使用できなくなるので、外の情報が一切わからなくなります。離れた家族の安否確認や助けを呼ぶ事もできなくなります。携帯電話やラジオがあればいいですが、これらは電池やバッテリーの消耗が早い欠点があります。

携帯電話、スマートフォンの充電

携帯電話、スマートフォンに限りませんが電子機器の充電ができなくなります。
先ほども伝えましたが、これらの電子機器のバッテリーは容量が少なく、すぐに減ってしまいます。
停電時は、連絡を取ったり、情報を取るために普段よりこれらの通信機器を多く使うようになりますので、いつもよりバッテリーの減りが早くなることが予想できます。

炊飯器、電子レンジ、電気ポット、IHクッキングヒーター

電気調理器具はすべて使えません。お湯も沸かせず、食べ物を温めることもできません。食事が満足に取れない状況は、精神面・体力面でかなり消耗します。必ず、対策が必要ですね!

冷蔵庫

冷蔵庫も電気を使いますので、停電が長期化すると夏場などは食材が腐ってしまう可能性があります。
冷凍庫は、なるべく開けないように心掛ける必要があります。
先ほど述べたように、調理家電も使用できない為、「腐る前に食べる」ができません。
※ガスコンロは使用できる為、ガスコンロの家庭では調理でます(^^

お風呂

オール電化の人はもちろんですが、ガス給湯の家庭でもお湯を沸かす制御をしているのは、電気を使用します。ほとんどの家庭は、お湯が出なくなりますので水で体を洗うことになります。

エアコン、こたつ、ホットカーペット

夏季や冬季などの気温が厳しい季節は、気温操作ができなくなります。
特に夏季は熱中症、冬季は体温低下による体調不良が起こりますので対策を立てましょう!

ゆきち
ゆきち

停電になるとほとんどの事ができなくなるんです!

誰にでも、このようなことが起こると認識して
しっかり対策をしましょう!

これさえあればいい!停電に備えるアイテム5選!

では、いよいよ停電に備えるためのアイテムを紹介します!
今から紹介するアイテムがご家庭にない方は、是非購入の検討をしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました